スタッフ紹介

吉村 和也

翻訳者や校閲者によって読みやすく流れる英語へと変化するプロセスはまるで言葉のマジック。この魔法をご体験ください。

吉村

20代の頃は英語とは無縁の企業に勤務していましたが、オーストラリア人の友達が数人いた縁もあり、観光をメインとしてオーストラリアで一年くらいのんびりと過ごしました。滞在時、列車を使った縦横断の旅をしました。一ヶ月半の間、列車での車中泊を繰り返しながら内陸の砂漠地帯を通過する旅でした。アウトバックの大地から昇る美しい朝日、野生のカンガルーが壮大な自然の中を自由に飛び跳ねている姿、ワシが獲物の上で威厳あるポーズをしているシーンなどがとても印象に残っています。

一年後、日本に戻ってからは、「英語に関する仕事がしたい」と思うようになり、仕事を探し始めました。派遣スタッフとして宇宙関連企業で2年間勤務したのですが、仕事という厳しい環境で英語に触れることにより、オーストラリア滞在時よりも英語を上達させることができました。

その後、ワールド翻訳サービスにコーディネーターとして入社し、6年になります。

弊社と他社さんとの一番の違いは、翻訳者と校閲者の力量の違いだと思います。 論文レベルの難しい内容でも原文の意味を理解しながら別の言語へと翻訳されていくプロセス、あるいはお客様が書かれた英語論文が校閲者によって英語らしい表現へとブラッシュアップされていくプロセスは、まさに言葉のマジックです。魔法をかけられたように、読みやすく流れるような英語へと変化します。

コーディネーターは、お客様から依頼をいただいた翻訳やお客様が書かれた文章のネイティブチェックなどについて、翻訳者や校閲者(ネイティブチェッカー)を手配します。

お客様は高品質で早い納期を望まれますが、高品質な原稿を仕上げるためには翻訳者も校閲者もそれなりの時間が必要です。機械翻訳といった簡単なプロセスではなく、常にベストな表現を目指しながら、一文一文を丁寧に翻訳・校閲しているため時間が必要となるのですが、それをお客様のご希望と一番良い状態で引き合わせるというのが、コーディネーターの仕事だと思っています。

メールで完結する案件が多く、お客様と直接接することが少ないため、「投稿した論文がアクセプトされた」、「英語でのプレゼンがうまくいった」などとお客様からお喜びの言葉をいただけたときは、お客様の素晴らしい功績の中で私たちの役割はほんの僅かな部分ではありますが、少しでもお役に立てたことを大変嬉しく感じます。

高品質で仕上げてくれる翻訳者と校閲者のおかげで、今もリピート率は高い状況ですが、リピート率がさらに100パーセントに近づくよう努力し続けたいと思います。

 

荘原 いず美

お客様の満足がダイレクトに伝わる仕事。
今までの経験で培ってきた英語力を生かして一件一件のお仕事を円滑に。

荘原

大学に入学するときには、すでに英語を生かした仕事につきたいと思っており、学芸学部国際関係学科に入学し国際政治学を専攻していました。大学卒業後は、自動車を扱う商社で貿易実務の仕事につき、特定の国のお客様とやり取りをするというのが主な仕事でした。入社して気づいたのは、自分の英語力が思っていた以上に低かったということです。しかし、業務を通じた上司からの指導や、業務後の英語研修で英語力を磨く機会を与えてもらい、実務的な英語を学ぶことができました。

その後、名古屋にある特許事務所の国際部で二年間勤めました。そちらでは社内に翻訳者の方が在籍されており、翻訳者の方の英文が非常に洗練されていたことが印象に残っています。また、日々多くの欧米の事務所とやり取りしていましたので、スマートな英文に触れる非常に良い機会だったと思います。

その後、縁あってワールド翻訳サービスで働かせていただくことになりました。弊社はスタッフの人数も少ないですし、とてもアットホームな会社だと思います。私はコーディネーターとして仕事をしており、お客様から翻訳のお仕事をいただいて、翻訳者さんの手配をするなど、調整役のような役割を果たしています。

いつも感じているのは、弊社の翻訳者さんや校閲者さんは、最後まで手を抜かずに一生懸命仕事をしているということです。高品質の状態で納品したいと常に考えていますので、納期との戦いになりますが、時間の許す限り最善を尽くしたいと考えています。それが最終的に他社さんとの違いとして現れてくるのではないかと思うためです。お客様は、英語に長けている方が多いので、納品したものの内容が良いとそれがダイレクトに伝わります。そのため、お客様から満足したというお声をいただくと本当に嬉しいです。弊社で扱っている内容は高度なものが多いのですが、これまでの経験を生かして、一件一件大切に、ベストを尽くしてゆきたいです。

相澤 智美

豊富な留学経験を活かして、コーディネーターをアシスト。
優秀なスタッフに恵まれた環境で腕を磨き、将来の夢は翻訳者に。

相澤

高校生の頃から英語が一番好きでした。短大の英文科を卒業後就職し、留学資金を貯め、父と母からの援助によって、一年間ボストンに留学、その後カナダのバンクーバーに一年間留学しました。自分で自覚するくらい英語が上手く話せるようになりました。日本人が少なかったという環境が大きかったですね。

帰国後は三年ほど研究所の秘書をし、その後、二人の子供に恵まれ、三年くらいは専業主婦をしていましたが、またお仕事をしたいと思うようになり、ワールド翻訳サービスに入社して一年くらいになります。こちらでは、私は、週に三日ほど、コーディネーターさんのアシスト的なお仕事をさせていただいています。

ワールド翻訳サービスは、女性が起業されている会社なので、お客様に対してとてもきめ細かく柔軟に対応していて、やわらかいイメージの強い会社だと思います。

翻訳という仕事には昔から興味がありましたが、実際にこの会社に入って、今まで仕事などで使ってきた会話としての「伝わればよい」という英語ではなく、高度な英語力はもちろんのこと日本語の表現力や豊富な知識なども必要とするとても高度な職種なのだということが分かりました。

完全マンパワーの仕事なので、時には時間などお客様の要望に合わせることが難しいことも出てくるようですが、そんな時でもコーディネーターさんがお客様の要望と、優秀な校閲者さんや翻訳者さんがより高品質なものに仕上げることができるよう、お互いに満足していただけるよう迅速かつ柔軟に対応されています。そんなコーディネーターさんのサポートが少しでもできるように英語力日本語力ともに日々努力、勉強しながら一つ一つ丁寧に迅速に作業することを心がけています。

翻訳者さんも校閲者さんもとても優秀な方ばかりです。皆さんが頑張っている会社だと思います。いつかは翻訳ができたらという夢もありますが、今は皆さんがスムーズにお仕事できるよう、そしてお客様が次もワールド翻訳サービスにお願いしたいと思っていただけるようサポートを頑張っていきたいと思っています。

バナー

〒300-1206
茨城県牛久市ひたち野西3-12-2
オリオンピアA-5

TEL 029-870-3307
FAX 029-870-3308
ワールド翻訳サービス スタッフブログ ワールド翻訳サービス Facebook ワールド翻訳サービスの動画紹介