イギリス英語とアメリカ英語

2020年6月1日 17時13分

先日の記事で書いたfortnightという言葉はイギリス特有ですが、
この話題に関連して、イギリスとアメリカで使い方が異なる表現を
イギリス人校閲者が教えてくれました。


A similar case is "twice" versus "two times". In the UK, "twice" is more commonly used, whereas "two times" is widely used in the US.
"People" (UK) versus "persons" (US) is another such example. In the US you might hear "There were 6 persons in the car." In the UK we would always say "6 people".

"twice" と "two times"
イギリスでは"twice"の方がよく使われますが、
アメリカでは"two times"が広く使用されています。

"people" と "persons"
イギリスでは常に"people"と言いますが、
アメリカでは"persons"という言い方も耳にすることがあるかもしれません。

調べてみたところ、アメリカでも"persons"という言い方はあまり一般的ではなく、
フォーマルな場面でたまに使われる程度のようです。

このような点も気にしながら、映画やドラマを観るのも面白いですね。